ワイマックス、WiMAX2+とスマモバで悩む。電波の違いが決め手

ワイマックス、WiMAX2+とスマモバ

ポケットwifiを探していて、多くの携帯ショップで必ず勧められたWiMAX2+。それとスマモバで相当に悩みました。

ワイマックス スマモバ

携帯ショップの店員さんの話では、ワイマックスはとにかく回線速度が速いということと、使い放題ということが売りのようです。

そして私にとって、日本全国多くのユーザーがいることが、ワイマックスの魅力の一つでもありました。皆が使っているとなぜか安心してしまうのは、日本国民の血が流れているからでしょうか。

3日間で3GBの制限

しかしよくよく調べてみると3日間で3ギガバイトの制限があることに加え、繋がらないなどのユーザーも結構いるこということから考えは変わります。

ワイマックス 3日間3GB制限

後からいきなり制限を付けられたユーザー達は、3日間3ギガの制限に向かって集団訴訟だなどと声を荒げているようです。

私の本音としては、「普通に使えるならどこでもいい」ということです。

そこで、知り合いに相談してみたところ、ドコモのLTE回線の強さについて知りました。そしてその魅力に大きく惹かれたのです。

ワイマックス、WiMAX2+がどこの回線を使っているか知っているユーザーは少ないのではないでしょうか? それは「au回線」なのですが、スマモバの使用しているドコモ回線と比べるとどうしても電波の強さに差が出てしまうようなのです。

ドコモLTE回線が決め手

ドコモとauの違い

このドコモのLTE回線とauのLTE回線の電波の違いこそが、ワイマックスとスマモバの大きな違いであると確信しました。

つまり電波が強ければ室内でも拾いやすいですし、ドコモ回線ならば日本全国幅広くカバーしているからです。

スマモバのショップ店員さんでも、確かにワイマックスは「外では速度は速い」と認めていました。しかし屋内であったり、全国の幅広いエリアであったりを考えるとau回線は確実性が乏しいようです。

これはどこのショップ店員に聞いても同じ回答でした。ここがワイマックスとスマモバで悩んだ末に、スマモバを契約した大きな理由です。

実際に使ってみて、ドコモ回線の電波の強さは実感できましたので、こちらの屋内使用エリアの記事をチェックしてみてください。

無制限使い放題プランで申し込みましたが、あれこれ気にせず使えるので本当に重宝しています。

wifiボタンスマートリッチ25

池田エライザバナー

ページの先頭へ